マザーズバッグは子育て中に使える便利なバッグですが、子どもの年齢に合わせて使い分けた方がいいかもしれません。
と言うのも、最近では様々なタイプのバッグが市販されるようになってきたからです。
一昔前まではトートタイプしかありませんでしたが、荷物がたくさんあると肩が凝ってしまいます。
また、片側の肩に掛けて歩くことになるので、両手で二人の子どもと手をつないでいると、バッグを掛けている側の子どもに当たってしまいます。
このような不便さもあることから、用途によって使い勝手のいいタイプを選ぶことをお勧めします。
両手が空いた方がいいという場合には、断然、リュックタイプがお勧めです。
バランスよく背負うことができるので、肩への負担も楽になります。
また、年齢で考えるのなら、オムツが外れた時や離乳食になった時などで替えることをお勧めします。
オムツも哺乳瓶も要らなくなれば、容量が小さいタイプのマザーズバッグにすることができるはずです。
最近は小さめのトートバッグタイプも売られているので、荷物が少ない時のために買っておくといいかもしれません。
また、マザーズバッグは子育てが終わってからでももちろん使えるので、デザイン性も考えて購入することをお勧めします。
小さめのトートタイプであれば、いろいろな用途で使う機会が出てくるものです。
お散歩用として利用したり、買い物用として利用したりすることもできるようになります。
このようにして、目的に合わせて使い分けるとオシャレです。