ポケットがたくさんあって入れるものを分別できたり、かわいらしいデザインであったり、使い勝手とママのオシャレを考えたバッグがたくさん出ています。
ただ種類が豊富なだけに、どれがよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。
ここでは自分に合ったマザーズバッグを選ぶためのポイント3点をご紹介します。
まず大切なのは、ある程度の容量があって、しかも持ち運びがしやすいこと。
オムツにおしりふき、哺乳瓶に離乳食、着替えやおもちゃなど育児中のママの荷物は多いもの。
これらのものをまとめて入れられる大きさで、ベビーカーを押したり子どもをだっこしたりしながらでも持ちやすいものを選ぶようにするとよいでしょう。
リュック型、トート型、ショルダー型などさまざまなタイプが出ていますが、日常のお出掛けに使うのであれば、斜め掛けのバッグがオススメ。
両手があくので子どもをだっこしやすいですし、鞄を下ろさなくても荷物に手が届き、いろいろなものを取り出しやすい点がメリットです。
素材もできるだけ軽いものを選ぶと、持ち運びも楽になるでしょう。
細かい仕切りがあるものは便利ですが、乳児期を過ぎても使いたい場合は考えもの。
乳児期とミルクがいらなくなる幼児期ではお出掛けに必要なものが違ってきます。
ポーチやバッグインバッグなどで必要に応じて工夫するのもよいでしょう。
次に重要なのはデザインです。
どれだけ機能的であっても、自分が気にいるデザインや色でなければ、持って出かけるのがおっくうで使わなくなってしまってはもったいないですね。
フェミニン、シンプル、色合いなど自分の好みに合うかどうかも重要なポイントです。
ここまでママを中心に見てきましたが、近ごろではパパと一緒にお出掛けする乳幼児も多くなってきているのではないでしょうか。
たとえ家族でのお出掛けでも、たくさんの荷物が入ったマザーズバッグをパパに持ってもらえれば助かりますね。
最近では、リュック型やトート型をはじめ、シンプルなデザインで抑えた色目のマザーズバッグも出ています。
このようなパパと兼用できるようなマザーズバッグを選んでみるものよいかもしれません。
使う場面を想像しながら自分に合った使いやすいマザーズバッグを選んで、お子さんとのお出掛けを楽しんでみてください。